神明神社のおおみこし

こんにちわ!

6月のとある日、お昼頃に上市町役場の方から「神明神社に来てみませんか?」とお誘いの電話がありました。

なにやら神明神社の大神輿を訪ねて、お客様が来ておられるとか。

神明神社に着いて話を聞くと、なんと神明神社のお神輿を寄贈された渡辺善次・ソデ夫妻の子孫の方が千葉県から来られたというじゃありませんか!?

DSCF5073_web

ご自身のルーツを見てみたいと千葉県から来られたご夫妻は、寄贈された渡辺善次・ソデ夫妻の貴重な写真や家系図などを持っておられ、地区の方々も食い入るように数々の貴重な資料を見ておられました。

このおおみこし、重量が400kg近くありこれを担ぐ若者も減ったということで、昭和62年を最後に神明神社にある保管庫から一度も出ていないということでした。

千葉から来られたご夫妻は帰り際に「ぜひ、おおみこしを外にだしてほしい。その時には必ず来ます。」と言われ千葉へ帰られました。

短い時間しかお話できませんでしたが、感慨深げにおみこしを見つめるご夫妻と、そのご夫婦の想いに応えようとされている方々の姿が印象的な取材でした。

 

そして、大神輿の隣の保管庫にはもう一つお神輿があります!

これがなかなか珍しいもの!

みこしの土台が上から見ると八角形になっている「八角神輿」。

この八角神輿は上市町内には神明神社にしかなく、県内には新湊と立山町にあるだけのようです。

1746年に製造されたもので富山県内でも最古のお神輿の一つ。

通常お神輿は新しいものをつくると前のお神輿は処分するようですが、この八角神輿は他町に貸し出されており処分を免れたようです。

この大神輿と八角神輿は4月と9月の祭礼時、そしてお正月に一般の方も見れるようになっており、上市町の有形民俗文化財にしていされています。

この他にも上市町には、彫刻、絵画、史跡など国・県・町指定の貴重な文化財が40以上あります。

この他にも、ネタ帳ブログ内で上市町の文化財が紹介できる機会があれば、紹介したいと考えております!

 

上市町の文化財一覧 

土肥

 

 

 

かみいち町民のネタ帳vol.2 発行!

こんにちは!

さて、本日6月16日は何の日でしょう?

元メジャーリーガー野茂英雄が日米通算200勝を達成した日?

俳人 小林一茶の誕生日?

そう!どれも正解ですが、やっぱり、、

かみいち町民のネタ帳vol.2の全戸配布日でございます!

vol2_top

町民のみなさま!お手元に届きましたでしょうか?

今回は「ただものじゃない、上市の水」と題し

上市町内にあります名水スポット、水にまつわる施設をご紹介!

名水を使った商品の数々、上市の名水を使って料理を提供される料理人の方々!

水!水!水!水一色のネタ帳になっております!

(富山グラウジーズ戦、初めて観戦記ももちろんあります!)

ネタ帳片手に上市町内の「水スポット」をぜひぜひ巡ってみて下さい!!

WEB版「かみいち町民のネタ帳」も冊子第2号で紹介しきれなかった、こぼれ話などを掲載し更新いたしました!

こちらもどうぞご覧下さい!!

 

合わせまして!

「ネタ帳第一号もって全部回ろう思たけど絶対実物見れんもんあんねかよ!」

と思われた方、お待たせ致しました!

6月17日(火)〜8月3日(日)までの間、弓の里歴史文化館にて

かみいち町民のネタ帳「かみいちもん」展を開催致します!

第一号で紹介した、現代の「かみいちもん」松岡重三さんの半てんの実物を大公開いたします!

弓の里歴史文化館では、上市の歴史や文化財、貴重な資料の数々も見ることができます。

「上市深く知りたいわぁ」という方!

こちらもネタ帳片手にぜひぜひご覧下さい!

 

県内初が上市に!

こんにちわ!

「かみいち町民のネタ帳」vol.2ですが、6月16日の区長配布で

上市町内全戸へと配布予定でございます!

 

今回の取材でも私の知らなかった上市の魅力がザクザク出てきました!

え!?ここにこんなものが!?

上市のものがこんな場所で!?

町の人達の「思い」って深い!

なんてことが、今回の取材で少しずつですが分かってきました。

まだまだ上市町のことは勉強中。

ネタ帳と一緒に私自身も成長し、「より良いネタを提供したい!」と思う日々でございます。

 

そこで!新たな発見の一つ!

柿沢地区内にある城山の湧水には、普段みなさんも見慣れているもので、なんと

『富山県内初』

のものがあるんですね〜!

IMG_0852

IMG_0857

もちろん、「かみいち町民のネタ帳」vol.2でバッチリご紹介致します!

お手元に届きました際は、ぜひともネタ帳片手に上市町を巡ってみて下さい!

土肥