「かみいち町民のネタ帳」
vol.4

現代の市、野菜直売市!


line

 

 

美味しい新鮮やさいが格安で買える直売市は

当時の「市」を今でも感じられる重要なスポットかも!?

そして、上市町ではほぼ毎日町内のどこかで直売市がおこなわれているんです!

今回は町内で開催される4つの直売市をご紹介します!

 

〜おらっちゃの店〜

富山県でも老舗の直売市!

安井ファームさんのこだわりたまごは欲しい分だけ注文することも可能ですよ!

長く直売市を利用される常連さんもいらっしゃるので、市のお得情報なんかも聞けるかも!?

3ヶ所ある移動販売先ではその先々で違った雰囲気を持つ空間が生まれていました。

3ヶ所すべてを巡ってみるのもオススメですね!

 

 

〜広野直売所〜

上市の黒ぼこ土で育ったさといもは知る人ぞ知る一品!

その独特のねばりと甘みのある黒ぼこ土育ちのさといもが買えるとあって

町内はもちろん他の市町村からも買い物客はやってくるようです。

直販コーナー奥の休憩スペースは代表の堀田さんが「生産者とお客さんの憩いの場になれば」とつくられたもの。

今では堀田さんの思い描いた通り「たくさんの笑い声が生まれる ふれあいの場」となっていました!

 

 

〜音杉農産物直売組合〜

「販売する農産物の多さが売り」と言われるようにその店先はまるで「上市野菜の博物館」。

季節の野菜はもちろんコリンキーやコールラヴィなどの珍しい野菜、

さらには上市産のぶどう、もも、りんごなども季節によって販売されています!

上市町ってたくさんの野菜が栽培されているんですね!

また、温泉があるつるぎふれあい館の中で開かれるので、温泉と新鮮やさいが同時に楽しめるのも魅力的!

 

 

〜フリーファームかきざわ〜

週に一回、しかも1時間だけの開催ですが、スーパー農道側と他市町村からのアクセスもよく多くのお客さんが訪れています。

野菜の値段がほぼ100円と気前のいい値段設定はもちろんですが、手作り加工品の種類が多いこともこちらの魅力。

「買いにきてくれる人が喜んでくれれば」という言葉が聞かれるように

生産者のお客さんを思う気持ちは、手間ひまを惜しまない手作り加工品に現れているように感じました。

line

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です