「かみいち町民のネタ帳」
vol.2

穴の谷霊水 (P4、P5)


line

 

ananotanipe-ji

全国的な知名度がありながら、地元では「遠足で行った以来行ってない!」なんて方も少なくない穴の谷霊場。

穴の谷霊場ではペットボトルやポリタンクの持ち込みも可能で(リフトや台車を使用する場合は別途料金が必要)、

水汲み場下の休憩スペースでは冷蔵庫で冷やされたつめた〜い霊水を誰もが飲むことができるなど、

より気軽に穴の谷霊場を楽しむことのできるポイントがたくさんあります。

また、同じ黒川地区一帯で、立山信仰を紐解く上で重要な「黒川遺跡群」が発掘されており、実は今後要注目のエリアでもあります。

(黒川遺跡群は、中世の宗教や信仰葬送のあり方と社会との関係などを示すものとして重要であり、2006年(平成18)に国の史跡に指定されています。)

 

ネタ帳取材班もそんな「遠足で行った以来行ってない!」側の人間・・・

しかし、だからこそ新鮮な感動を味わうことができました。

まず、駐車場から霊水場までの森の参道。

木々のざわめきや小鳥のさえずり、一面の緑に包まれ、自分の足で現実世界からはなれていくような感覚です。

※実際の森の参道の音。

 

正直始めは「あれ?こんなに歩くんだっけ?!」と思いましたが、そのあとすぐに「なんて気持ちのいい道なんだ」と感動。

そして現れる「地蔵空間」。突然の異空間との遭遇でちょっとしたトリップ感覚を覚えます。

水を汲むに至る前に味わえるこの感覚が穴の谷霊場の醍醐味だと感じました。

身近にこのように現実世界を離れられるような場所があることにあらためて気付かされます。

久しく行ってない方はぜひおすすめです。

わからないことがあれば穴の谷霊場を管理する弘真会の方に話しかけると、

気さくに案内していただけます。

 

gallery_head_s

line

 

 

line

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です