「かみいち町民のネタ帳」
Vol.1

家庭薬膳的「味噌汁図鑑」


line

vol1_P7

家庭薬膳という言葉を聞くと、なんだか難しい印象を受けるかもしれませんが、簡単に説明すると

「食材の本来持つ力を生かし健康な体づくりをしましょう。」という事です。

身近にあるさまざまな食材の持つ効果、効能を少し意識するだけで家庭薬膳は気軽に実践できます。

 

例えば、

上市町の特産でもあるサトイモは、肝機能アップや慢性便秘によいとされています。

同じく上市町で多く採れるショウガには体を温め発汗を促し、ウイルスを追い出す作用があるといわれています。

また夏場によくご近所から頂くことも多い、ナスやキュウリなどの夏野菜には体の熱を冷ます効果があり、

逆に白菜、大根、ニンジン、カブなどの冬野菜には体を温める効果があると言われています。

 

もちろん味噌汁だけでなく、さまざまな料理に応用する事が出来ますので、

家族の体調に合わせた食材や調理法を工夫して日々の食事に取入れてみてはいかがでしょうか。

line

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です